scroll

湘南オリーブの郷 農援隊

わたしたちは"湘南オリーブの郷"のオリーブ栽培を中心に活動する援農ボランティア団体です。2021年10月時点で32名の隊員で農業支援をしています。隊員の半分は地元二宮町居住の方々でその他は横浜、鎌倉、横須賀、寒川町など神奈川県全域から参加されています。20歳代~70歳代まで幅広く、女性隊員が約半分を占めています。活動の中心はオリーブ畑の草刈りになります。草刈りは農業の基本です。特に夏場は雑草の成長も早くて2週間程度で草ボーボーになります。草ボーボーでは農地として失格で見た目も悪いですし、オリーブの木にとって大敵のゾウムシの発見もしにくくなります。草刈りは大変ですがそれ以外に隊員自ら企画する活動も積極的に行っています。

わたくし農援隊隊長は横浜から通う53歳の現役サラリーマン(建築家)です。数年後にはオリーブの森の中にイタリアンレストランをつくるという夢があり、そのためにオリーブを学ぶという目的で毎週農援隊活動を行っています。隊員らもそれぞれ夢があったり、リタイア後に都会から二宮町に移住され仲間づくりが目的だったり、単純に”オリーブ”が好きだったり、参加の意図は様々です。
湘南オリーブの郷 農援隊では一緒に活動する隊員を随時募集しています。皆さんも是非ご参加ください!

農援隊について

1)応募条件
16歳以上(中学生を除く)の人

2)入会の仕方
入隊をお考えの方は、農援隊事務局までメールください。
活動は毎週土曜日に行っていますので一度活動体験してください。
その後入隊の意思が変わらない場合に入隊申込みいただきます

3)会費及び入会金
会費及び入会金は無料ですが、農援隊が加入する団体傷害保険に自費で加入していただきます。
参考までに2021年度の場合は年間1620円です

4)活動時間
毎週土曜日9~12時です。作業が多い場合は午後も引き続き行います

5)活動場所
湘南オリーブの郷及び二宮町周辺の農地(オリーブ畑、栗畑、竹林など)

6)作業内容
オリーブなどの収穫、剪定、灌水、播種などの栽培に関する作業
オリーブ畑およびその周辺の草刈(夏場はこれが中心となります!)
オリーブフェスタ等の”湘南オリーブの郷”のイベント支援

7)隊員相互のレクレーション等
例えば栗拾い、タケノコ狩り、シイタケ狩り、BBQ等

8)隊員の自主活動
オリーブに関連することなら農援隊活動と並行して自主的に活動を企画してもOKです。
農援隊事務局の承認を得れば農援隊ハウス(ビニールハウス)を利用できます